トップへ戻る

初めての一人暮らし

初期費用ってどれくらいかかるの?

では、実際にどれくらい一人暮らしを始めようとすると、
お金が必要なのか考えていきましょう。

 

何にお金がかかるのか内訳しましょう。(賃貸契約前。)

敷金(保証金)、礼金(仲介手数料)

 

  • 敷金(保証金)とは、
  • 部屋を引っ越すときなどの修繕費や、
    大家さん(又は管理会社)に収める保険のようなお金です。

     

    引っ越すときに修繕費用にまかなわれるお金で、
    余ったら返ってくる可能性もあります。

     

     

  • 礼金(仲介手数料)とは、
  • 大家さんに払うお金を礼金。
    仲介手数料とは、

     

    ”大家さん”=不動産屋=家を借りる人(私達)
              ↑
    この仲介役(不動産屋)にお金を払うこと。

     

    ただ、今は敷金、礼金がゼロの、ゼロ物件というものもあり、
    一概にこの費用がかかるとも言い切れません。

     

    しかし、契約時家賃を1か月分収めたり、
    敷金、礼金がかからない分、仲介手数料が割高に設定してあったりします。

     

    結論、賃貸契約時にかかる初期費用は、

       賃貸会社や借りる物件によって違う!


     
    ただ敷金(保証金)、礼金(仲介手数料)は初期費用としてお金はかかる!

     

     

    築浅などは割高設定が多い!内訳がどんな料金設定か。

    疑問に思うことは不動産屋に遠慮せずに聞くこと!

     

     

    何にお金がかかるのか内訳しましょう。(賃貸契約後。)

    引っ越すために引っ越し業者に支払うお金。

     

    引っ越し業者にかかるお金はここに関しては人それぞれです。

     

    例えば他県への引っ越しの場合、
    同じ県だが大型家具を依頼する場合、
    また、節約し、引っ越し業者は使わず自分でやる場合。

     

    人によって様々だと思います。

     

    初めての一人暮らしの場合だと、
    はっきりいって自分の努力次第で、引っ越し業者を使わずとも、なんとかなります。

     

    なぜなら、今ある家具を新たな新居に持っていくわけではない!
    新しくお店で買う家具、家電は基本的に、新居に運んできてくれる!

     

    つまり、貰い物の家具、家電を使うとしても、初めての場合は、数が少ないので、
    それくらいは自力で、もしくは少ないので、引っ越し業者の料金は安く抑えられる!

     

    結論、引っ越しにかかるお金は、”初めて”の一人暮らしであれば、基本、費用はかからない。
    上記で述べた通り、購入する家具、家電は新居の契約後、運んでもらい、費用を抑えよう!

     

     

    何にお金がかかるのか内訳しましょう。(引っ越し後。)

    家具、家電、雑費

    引っ越し後、実際に住むにあたって、必要になる、
    家具や家電、トイレットペーパなど、生活で必要な雑費にも、
    お金がかかります。

     

    引っ越して必須となるものは下記にまとめてありますのでこちらをご参照ください!

     

    一人暮らし!何が必要になる??

     

    この3つに関しては安くていいものももちろんあります!
    ただ、コストを抑えようとしすぎて、妥協したものを買って後で後悔しても、
    もったいないです。

     

    なのでここでも、自分が妥協できないものを2〜3つ絞って、
    よく考えて、検討しましょう!

     

     

    上記3つを踏まえての結論!

    1. 初期費用、入居前にかかるお金は15万〜25万はみておくべき!
    2.    (もちろん家賃1っか月分含んでのお金です。)

       

    3. 引っ越しにかかるお金はほとんど考えなくてもよい!
    4.  

    5. 必須となる家具、家電は、検討すれば、安く抑えれる!
    6.    ただ、すべてを一気に揃える必要はない!

       

    7. なので、初期は20万円見ておけば、大体は入居後も快適に生活できる!

     

     

     

     よって、40万〜多くても50万円見ておけば引っ越す準備はOK。

    あくまで、多めに算出してますので、こんなにかかるの?

      と思ったかたも、あとは物件次第です!